僧帽筋トレーニング!!

みなさんこんばんは!大森です。
最近とても寒くてチラチラ雪が降る日が多くなってきました。
寒いとどうしても肩周りに力が入ってしまいますよね。。。
それに加えて携帯を毎日触りますよね?
そうすると自然と姿勢が悪くなり肩や、首に痛みや凝りに繋がってしまいます。

本日はその肩こり、首こりに関与している、僧帽筋についてです!

僧帽筋とは首の付け根から肩、肩甲骨周辺を含む背中上部にある三角形の大きな筋肉です。

首や肩甲骨を動かしたり、背中をまっすぐにキープするために必要な筋肉です。
肩甲骨を中央に寄せれば、姿勢は綺麗になり、背中の面積が小さく見えます。
また、肩甲骨を引き下げることによって首が長くなり、スッと伸びた細い首に見えます。

すなわち僧帽筋を鍛えることにより、上半身が縦長になり細く見えると言うメリットがあります!

そこで自宅でも簡単にできるトレーニングをお伝えします!
まずダンベルやペットボトルに水を入れた物を用意しでください。
1.手のひらを内側にして、体の側面でダンベルを両手でで持ちます。
2.肩が上がらないように肘を軽く曲げた状態で真横に肩の高さまでゆっくり上げていきます。
余裕がある時はあげた状態で5秒キープ!

とても簡単ですよね!
是非ご自宅で実践してみてくださいね!

関連記事

  1. いつもの習慣が太る原因に!?

  2. 片手3秒で紫外線カットできる?!

  3. 年末年始太り防止!食べ痩せ3カ条!

  4. セルライトのお悩み

  5. ☆塗るだけで筋トレ?!☆

  6. 姿勢を正せばお尻がキレイに見えます!