夏の冷え対策!!

こんにちは!阿部です!
昨日あたりから暑くなりましたね(>_<)
皆さま体調には十分にお気をつけください!

暑くなると紫外線も気になりますが、
今回は見落としがちな夏の冷えについてのお話です。

年々夏の気温が上がっているようで、
外出先では冷房の効いたお店に入りたくなりますね。
入りたては涼しく気持ち良いのですが、
時間が経つと寒いかも?と思うことはありませんか?
体の冷やしすぎには注意してください!!

夏は特に涼しい場所で、冷えた体に、冷たい飲み物に注意です!!
冷たい飲み物は内臓の温度を下げてしまい、
体温低下、血流の流れが悪くなります。
ちなみに通常の平均的な内臓の温度は37度です。
血液は栄養素や酸素、老廃物を運ぶほかにエネルギーも全身に運びます。
この循環が上手くいかないと冷え、代謝が悪くなると細胞の作り変えが上手くいかなくなります(;_;)
また、冷えはセルライトができる原因のひとつでもありますので注意しましょう◎

冷やしすぎないためのポイントは…
1.羽織ものを持ち歩く!
冷房が強いお店、また冷房がついたオフィスなどに長時間いる場合は、薄手のカーディガンや羽織れるものを持っていると良いです◎

2.冷たい飲み物や食べ物はほどほどに!
夏は冷たいジュースやアイスが飲みたくなりますが、お腹を冷やしますので常温の水や白湯を飲んで内臓から温めたり冷やしすぎないことがおすすめです。
最近はタピオカが流行っていますが、白湯のことも忘れないであげてください!!

3.微温浴でリラックス!
夏はシャワーだけで済ませてしまう方も多いと思います。たまに浴槽に浸かってみてはいかがでしょうか?38~40度のお湯にゆっくり浸かることで、副交感神経が優位になりリラックスすることができます!
お仕事が忙しい方、寝れない方一日の終わりにお風呂でゆっくり時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

以上、今回の3つの冷え対策です!
普段の生活で取り入れることが出来ることなので是非実践してみてください◎

冷え対策でむくみ防止!
スッキリした体で夏のファッションと暑さを乗り切りましょう\(^o^)/

関連記事

  1. アゴの筋肉が硬くなるとフェイスラインが崩れます

  2. カラダのキホン7

  3. 腹筋トレーニング!

  4. 炊きたてご飯は肥満の元!?

  5. 脂質の効果で美しく☆

  6. ☆ほうれい線が一度で?!☆