「活性酸素」は老化と病気の元凶です

こんにちは。
レイプラス美容整体の安積(あさか)です。

老化は、皆さん避けたいと思います。私も避けたいです><
その元凶に「活性酸素」があります。これは、人間が生きて活動していると必然的に発生する物質です。
なぜかというと、身体を動かしたり、食べたものを消化したり、細胞を作り替える作業には、常にエネルギーを作って消費する作業を繰り返しています。そのエネルギーは、ブドウ糖や脂肪酸が燃やされて作られます。
そして効率よく燃やすために、大量の酸素を使いますが、その酸素のうち最低2%が「活性酸素」に変身してしまうそうです。
例えれば、「正常に操業している工場からでも、産業廃棄物(活性酸素)が発生する」イメージです。

「活性酸素」は、普通の酸素より活性が強い為に、体の中のタンパク質や脂質が酸化(錆び)してしまい変質しつさせ、筋力の低下やシミ・シワなどの、「身体の老化」を進行させます!!!

老化を食い止めるためにも、「活性酸素」を活性化させない「抗酸化」が必要です。
そして「抗酸化」におすすめなのが、「DMK」です。
実験でDMK10%のお水に釘などをつけておくと いつまでも錆びませんので、酸化を防ぐ効果が高いです。
「DMK」でお身体の中から、キレイになりましょう(^^)

関連記事

  1. カラダのキホン3

  2. 実践編!ハイパーノンFクリームの使い方!

  3. ダークチョコレートはお好きですか?

  4. 毎日のスキンケアで老化防止!NMN成分の力!

  5. カラダのキホン2

  6. 柔軟のある体で痩せ体質に◎